俳優「大塚ヒロタ」主宰 テアトロ コメディア・デラルテ イタリア古典仮面劇コメディア・デラルテ 現代のコメディを融合させた舞台芸術
ABOUT

テアトロ コメディア・デラルテとは

「人生はクローズアップで見れば悲劇だが、ロングショットで見れば喜劇だ」を理念に、地球上で唯一人間だけが可能な最も高級な感情「笑い」を大塚ヒロタが皆様にお届けする舞台。

POINT

テアトロ コメディア・デラルテの
3つのポイント

01お客様参加型で楽しめる!

コメディア・デラルテの起源をたどると幌馬車で地方を巡り、大衆を相手に演じていた時期があります。その大衆からおひねり(チップ・投げ銭)をもらうため、時には脱線してお客様を巻き込み、お客様まで登場人物にして【即興のリアルな楽しさを追求】するようになりました。これがコメディア・デラルテの醍醐味でもあり、当団体の公演でもお客様との即興的なやり取りが目玉となっています。出演者もお客様も“まさに今!何が起きるかわからない!”を一緒に楽しめる即興演劇です。

02イタリアの古典文化に
触れられる!

コンメディア・デッラルテ(イタリア語:Commedia dell'arte)は、16世紀中頃にイタリア北部で生まれ、18世紀にかけてヨーロッパで流行した【仮面を使用する世界最古の職業演劇】で、現在も多くの劇団が各地で上演し続けている古典芸能です。日本で言う「狂言」にも近い風刺喜劇であり、のちにヨーロッパで一世を風靡したシェイクスピア、モリエールなどの劇作家も多大な影響を受け、そのキャラクター達を作品に登場させたと言われています。また、童話やアニメの世界でもコメディア・デラルテのキャラクターが多く見て取れ、特にピエロは、最も一般的な人気キャラクターとなっています。

03年齢・性別・人種を問わず、誰でも楽しめる!

コメディア・デラルテのストーリーは風刺喜劇ですが、当団体の公演内容も又、誰もが体験したことのある日常を芸術の域まで大袈裟に表現することを根幹としています。時にはザンニ役(道化・ストーリーテラー)がお客様に状況説明をして、今起きていることを理解してもらいながら進めていきます。お子様から年配の方まで誰にでもわかり易く、その大袈裟でユーモアに溢れた表現は、バカバカしくもあるが【一生懸命と必死さから見える人間の滑稽さ、愛らしさ】に親しみを感じるヒューマンスト―リーとなっています。

WORKSHOP

ワークショップ

延期のお知らせ

この度は、埼玉県に緊急事態宣言が発令したため
開催予定にしておりました埼玉県蕨市でのワークショップは、延期となります。
改めて開催日が決まりましたらお知らせいたします。
お申込みいただいていた皆さま、大変残念ですが、
またの機会のご参加をお待ちしております。

スタッフ一同

お仕事のご依頼・各種イベントに関するお問い合わせはこちら

各種イベントへのお申し込みはこちら

主宰大塚ヒロタOTSUKA HIROTA

映画、ドラマ、CMなどで活躍中。「jungle」に在籍の俳優。

テアトロ コメディア・デラルテ主宰。
2002年よりNYで演劇を学び、コメディア・デラルテと出会いイタリアに渡る。
09年に帰国し活動の場を映像作品にも広げ、映画「図書館戦争」シリーズ野村役、「64-ロクヨン-」宇津木役等で注目を集める。
ドラマ「アンナチュラル」、映画「いぬやしき」「BLEACH」、CM ほっともっと等。

CHARACTER

ストック・キャラクター