COVID-19

新型コロナウイルス感染症への取り組み

日頃は、テアトロ コメディア・デラルテ(TCD)をご支援いただきまして、誠に有難うございます。
当団体に限らず舞台に関わる全ての方々の取り組む環境は、非常に厳しくなっております。この様な事態に、“演劇を行う必要があるのか?”と言う問いに対しては、誰もジャッジできることではないと思います。昨今は当団体でも無観客、ライブ配信サービスなどを行って新たな感染対策と演劇のあり方を模索しているところでございます。
この度の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に際し、政府および関係各所からの発表・指導に基づき、安心・安全を徹底し、衛生管理の強化・感染予防対策に取り組みながら、私たちの発信できる最良なスタイルで活動を行っていく所存です。
どうぞ皆様、よろしくお願い申し上げます。
令和3年8月末日

プロデューサー/祢宜澤愛理

当団体では、以下のガイドラインを遵守しています。
緊急事態舞台芸術ネットワーク
「舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」
http://jpasn.net/stage_guideline1202a.pdf

公演時・イベント・ワークショップ時には、都度、取り組みについて明記していきますが、主な取り組みをご案内申し上げます。
何卒、ご理解とご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

  • 会場内は、収容人数にあわせてソーシャルディスタンスを確保しています。
  • ご入場時はマスクを着用ください。マスクをご着用いただけない方はご入場をお断りする場合もございますのでご了承ください。また、手洗いや手指の消毒にもご協力ください。
  • 入場時に検温し、37.5℃以上の発熱がある方はご入場をお断わりさせて頂く場合がございます。
  • 体調不良のお客様、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触がある方のご入場をお断り致します。
  • 席、ドアノブ、手すり等各所の定期的な消毒を行います。
  • 休憩時間等に定期的に施設内の換気を行っています。
  • スタッフは[マスク/フェイスシールド/手袋]を常時着用しています。